vpsやホームページ

さくらVPSのSSDプランで大量のアクセスを処理できた

READ MORE

山田洋行株式会社の山田さんより寄稿の依頼を頂きました、ネットサーバリクルーティングの山下です。
今日は自分が初めて作ったホームページと初めて借りたVPSについて書いてみます。

初めてのホームページ

自分の趣味の音楽についてのホームページを作りました。
大学に通っていた時に大学のサーバーを使って作成しました。
当時の授業でならいながら作成していたのですが、初めて作ったものは普段目にしているHPの出来とあまりに違い過ぎて非常に残念でした。
HTML言語を用いて作成していたのですが、このHTML言語を使って作ることがやっぱり一番難しかったです。
言葉で図の位置や文字の位置・サイズを指定したりするのが慣れていないこともあり少し直しては保存して更新、また少しいじって保存して更新をひたすら繰り返していたと思います。また、HTML言語のスペルをミスしてHPが予想していたものと違うものになってしまったときは全くミスしている箇所を見つけることができずずいぶん画面とにらめっこしました。
次に困ったのは表現方法です。人に伝えるためにはどのようなまとめ方をして、どのような内容を書けばいいのかを考えるのはだいぶ苦労しました。いつも好きでよく聞いている曲なのに、改めて文章に直そうとすると「この曲のいいところとは具体的になんなのだろうか」や「なぜ・どこに感情移入しているのか」など上手く表現することができなく、また考えた言葉もHPにのせるべきものなのかどうなのかと悩んだり、相手に分かりやすく伝えるためにはどうゆう表現がいいのか、みせるためのレイアウトはどうしたらいいのかなど、自分の中で完結している感情を表現し、相手に伝わるようにカスタマイズする過程もとても大変でした。

初めてのVPS

音楽ホームページを作ってから5年くらい経ったある日。
突然アクセス数が跳ね上がりました。
調べてみるとほとんどがYahooからのアクセスです。
なんと結構なビックワードで上位表示されていたのです。
でもサイトを乗せていた大学サーバは非力だったため、万単位のアクセスを処理できませんでした。
そこで急遽白羽の矢が立ったのがさくらVPSのSSDプランです。
1日7万PVを処理できると噂のさくらVPSを借り、WEBサーバをnginxにしたりキャッシュを導入したりで何とかアクセスの波をさばききることに成功したのです。
ある程度大きなサイトはVPSが必須ですね。